オンラインで英会話をマスター!

TOEIC試験で役立つテクニックとは

英語を話せる人材を求める企業が年々増加する中、英語の習得を目指して、勉強に励んでいる人も少なくありません。
特に、日本企業の多くが、採用の際にTOEICの点数を参考にし、英語力の有無を判断するのに利用しています。
そのため、近年ではTOEICの受験生が増加し、注目度を高めている試験になっています。
ですが、TOEIC試験に関して、あまり良い点数が取れないと挫折する人も少なくないと言われています。
その理由が、テクニックを知らないためと考えられています。
そこで、TOEICの試験で役立つテクニックについて解説していきます。
まず、リスニングなどの問題に関しては、なるべく早い段階で写真や文章に目を通しておくことです。
目から情報を先に入れておくことで、何が問題になりやすいのか推測でき、容易に回答を得られるようになります。
次に、長文の問題では、問いから先に読みます。
そうすることによって、長文全体を読まなくても回答できる場合があるため、時間の節約につながります。

TOEICで必要になる3つの能力とは

TOEICでは3つの能力が必要になります。
まず一番大切なのは英語力ですが、英語力のみではTOEICで高得点を取ることはできません。
このテストは問題数が400問と多いので、処理能力も必要になります。
考えすぎないで、テキパキと問題に回答していくには、素早い処理能力が欠かせません。
もう一つ大切な能力は判断力です。
判断力がないと、多くの問題に短時間のうちに回答するのは難しくなります。
この判断力の基礎になるは英語力です。
このような3つの力を確実に自分のものにするには、過去問を繰り返し解くのが最善の方法です。
過去問を時間を決めて、その時間内に解けるように訓練します。
最初のうちは回答の時間が少し長くなっても構いません。
とにかく確実に正解できるように努力します。
確実に正解できるようになったら、時間を意識して解答していきます。
過去問のいくつかは繰り返しTOEICに出題されることが多いので、そういった問題に慣れておくことは本番で高得点を取るために有効です。

Valuable information

神戸で新築一戸建てを見つける

2018/7/27 更新